×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

寒くなるにつれて

冷え込んでくるこの季節は非常に体調を崩しやすい時期でもあります。とくに「冷え性」や「疲れ」といった、日常的に起こる不調で悩んでいる人は多いと思います。
また、それらをほうっておくことで、健康のバランスを崩してしまうというケースもあるといいます。特に、「冷え」は身体が冷えるだけではなく、顔色が悪く なってしまったり、胃の動きが鈍くなり食欲不振になってしまうということもあります。 また、疲労感についても、一晩寝て取れるようなものならば問題ありませんが、ためこんでしまうのは身体によくありません。これがもとでストレスになっては どうしようもないですよね・・・。

冬の健康管理は、日々の疲れを認識することから・・・。

手足の冷えや、疲労感などはもともとの体質だからとか、日々の忙しさから目をそむけたり、自覚がなかったりして、ほうっておく人が多いのが現状ではないで しょうか。自分は、夜寝ていると、足が寒くて起きる事がしばしば有ります。何かで握手をした時に、冷たい手の人が居ませんでしたか?そういった事で、まず は自分が冷え性や、疲れがちな身体ではないかをしっかりと確認して自覚することが、改善への第一歩ともいえるのではないでしょうか。

冬の「冷えや疲れ」対策などの健康管理は、食事などから変えてみては如何でしょうか・・・?

現代人は冷えたものをよく口にしますよね。レストランに入ればまず「お冷」、居酒屋に行けばまず「ビール」ではないでしょうか。生野菜やコンビニで売られ ているおにぎりなども、身体を冷やす冷食の一種なんですね。まずは、手軽なラーメンやトン汁、スープなどの身体を温める食事を摂り、内臓の機能をアップさ せましょう。薬酒を利用するのも一つの方法です。冷え性の原因は環境や食生活、自律神経の失調やホルモンバランスの異常などさまざまですが、それぞれの刺 激が血液循環を悪くすることは確かなようです。そんなときは、普段の生活に簡単に取り入れられる、薬酒を利用するという方法もあります。 「冷えや疲れ」対策などの健康管理に薬用養命酒が有効なことは、論文で発表された実験でも証明されています。ご存知でしたか?

Copyright © 2008 冬の健康管理でこの冬も風邪知らず!